ローンの一本化について

銀行のカードローンや消費者金融のキャッシングを複数利用しており、その借金、特に利息で苦しい思いをされている方は結構多いのではないでしょうか。 そんな時利用したいのが「おまとめローン」です。 おまとめローンを使えば、利息を減らせる効果を期待できますが、注意点もないわけではありません。

■結果的に金利が低くならないかも
おまとめローンを利用すれば、どんな借金でも利息が少なくなるわけではありません。 おまとめローンにも下限金利と上限金利があり、一本化した金額が大きければ大きいほど、金利も低くなります。 逆に、一本化してもあまり金額が大きくなければ、金利もあまり低くはなりません。 おまとめローンの広告には、とかく下限金利を強調しているものが多いものですが、その金利が全ての人に適用されるわけではありませんので注意しましょう。

■過払い金の可能性のある場合
グレーゾーン金利によって利息を支払いすぎた場合、過払い金返還請求をすればその金利が戻ってくる可能性があります。 しかし、グレーゾーン金利に伴う利息支払いに苦しんで、おまとめローンで一本化してしまうと、おまとめローンで必要な引き直し計算がされません。 もちろん後々過払い金返還請求を起こすことも可能ですが、プロに頼むと費用がかかりますし、相手が倒産してしまっては元も子もありません。

■状況が悪くなる
おまとめローンを利用することによって、かえって状況が悪化する場合もあります。 おまとめローンの業者の中には、あまりよくない業者もおり、保証人や担保を設定されたり、公正証書を作成させられたりします。 こうなってはかえって状況が悪化しますので、このような業者には注意です。